スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えい、ドリアーーーーン

こんにちはCCTトラベルのなぁちゃんです。

コメントが来るとうれしいですね。

適切なコメントの返し方が分からずに結局放置になってしまいましたがすみません。

ちゃんと読みました。

返し方についてはそのうち習得致します。w



さて、今日はタイ人のニオイに対する価値観について書きましょう。


タイトルにもなりましたドリアンさん。


私はドリアン食べたことありません。

食べてみたいと思いますが、臭いのと一パックの量が多いのとで

買おうというふんぎりを越えれたことがありません。


果物の王様を見るたび食べてみたいなーとは思うのですが

くさ!!!!!!が勝って、手を伸ばせた試しがありませんw

その場を一刻でも早く離れたい!!!!となって闘争モードです。



おいしいよーという情報はよく聞くのですが、

口が臭くなったりしそうだし、

あんま鶏肉を腐らせたようなニオイのものを口に含んで、

吐き出さずに完食出来るという自信もないので、

未だにビビっています。w



会社のスタッフに、「ドリアンって本当においしいのー??」

ってきくと、「めちゃおいしいよーーーー!」

と言われ、あの種類がおいしいこの種類は微妙とかいろんな情報をもらって、

勉強していたら(すぐ忘れたけどw)、

ドリアンにはニオイのあまりしない種類もあるよとのことを

教えていただきました。


「えーーー!臭くないドリアンとかあるんだ!」

と言うと

「ドリアンは全部くさくない!!!!」

とかえってきました。


なぁちゃん理解できずにポカーン。


そしたら説明してくれました。



「ドリアンは臭いんじゃなくて、ニオイがきついだけ!!!」

と叱咤を受けました。w


アレは臭いんじゃないんですってw


新しい視点からのご意見ですねw


そういう経験もあったうえで、街中を歩いていると

地下鉄などにも「DONT TAKE STORNG SMELL THINGS」みたいな看板を良く見かけますw

ニオイのきつい物を持ち込むなよーみたいなw

挿絵はドリアンとかw



やっぱタイ人にはあれは臭くないんですね。

タクシーとかにあるドリアン禁止のステッカーとかも

臭いからじゃなくてニオイがきついからなんですねw


まぁ郷に入れば郷に従えでいつかニオイのきつい王様を食べてみたいと思います。




そのときはなぁちゃんのドリアン奮闘記を書くので楽しみにしていてくださいw
スポンサーサイト
関連記事

テーマ : タイ・バンコク
ジャンル : 海外情報

プロフィール

CCTトラベル

Author:CCTトラベル
CCTトラベルはタイ人が経営する現地旅行代理店です。
バンコク、パタヤ、チェンマイ、サムイ島、プーケットなど、タイ国内のホテルはもちろん、バンコク発着の航空券、ツアー、空港送迎も手配しています。
現地手配なので料金もお得です!なんでもお気軽にご相談ください。⇒ccttravl@truemail.co.th
もちろん日本語でOKです♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
FaceBookページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。